1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 『砂場マッピング』を誰でも作れる「Magic-Sand for RealSense」リリース

2019年9月10日

『砂場マッピング』を誰でも作れる「Magic-Sand for RealSense」リリース

アールテクニカは9日、オープンソースソフトウェア “Magic-Sand” を、現在もっとも入手容易な深度センサー「Intel RealSense」に対応した「Magic-Sand for RealSense」をGPL v2準拠のオープンソースソフトウェアとしてリリースした。

アールテクニカは、昨年佐賀県立博物館で開催された「すごいぞ!ボクの土木展」にて触って遊べるインスタレーション作品『砂場マッピング』を発表し好評を得た。『砂場マッピング』はオープンソースソフトウェア「Magic-Sand」をカスタマイズし、子供が遊びやすい筐体を用意して作り上げたもの。

Magic-Sandは、2016年にThomas Wolf氏が中心となって開発・発表されたAR(拡張現実)の砂箱を実現するソフトウェアで、オープンソースソフトウェアとして公開されている。 ただし、更新が2017年で停止し、深度センサーとしてはMicrosoftのKinect v.1のみに対応となったまま。Kinectシリーズはv.2が発表されたあと出荷停止となっており、今後Magic-Sandを新しい環境で動かすのが難しくなっていた。『砂場マッピング』発表時にはすでに入手困難だったKinect v.1を入手して対応したが、今後このオープンソースソフトウェアを多くの人が自由に使えなくなるのは非常に残念だと感じていたという。

そこで、アールテクニカでは現行商品であり、現在もっとも簡単に入手できる深度センサーのIntel RealSenseシリーズへの対応を行い、新たにオープンソースソフトウェアとしてGitHub上で公開した。ソフトウェアライセンスはオリジナルのMagic-Sandを引き継いでGPL v2となっている。現時点では、対応OSはmacOS(10.13~10.14)、対応深度センサーはIntel RealSense D435のみとなっている。

アールテクニカでは、今後もオープンソースコミュニティと連動しながらMagic-Sand for Realsense の機能拡充やメンテナンスを行う。同時に、Magic-Sand for Realsenseを利用した各種インスタレーション/コンテンツの制作、Magic-Sand for RealSenseの導入コンサルティングを受託するという。

関連URL

Magic-Sand for RealSense配布場所

アールテクニカ Webサイト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス