1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すらら、漢検・高校入試対策ができる「漢字コンテンツ」リリース

2019年9月24日

すらら、漢検・高校入試対策ができる「漢字コンテンツ」リリース

すららネットは20日、手書きした漢字のとめ・はね・はらいや書き順までその場で正誤判定することができ、漢字検定・高校入試対策として学習できる「漢字コンテンツ」の提供を開始した。

このコンテンツは、「すらら」IDを持つ生徒向けのもので、小学4年~中学3年生までが学習できる。

小学高学年~中学校で学習する漢字について、正しく読み、書く力を自学自習できる「すらら」学習コンテンツのひとつで、日常学習に加え、高校入試対策、漢字検定対策としても取り組むことができる。

レベル1(小学4年生、漢検7級相当)からレベル5(中学卒業程度、漢検3級相当)まで5段階あり、それぞれ「読み」の問題、「書き」の問題、「総合問題」で構成。

「読み」の問題では、手書きまたはタイピング入力で、漢字の読み方を学習する。

「書き」の問題では、タブレット端末とタッチペンを使うことで手書きで解答することができ、とめ・はね・はらいや、書き順、画数をチェックして正誤判定する。

学習者が手書きで解答した漢字の正誤を精緻に判定し、フィードバックすることで正しい字形を自学自習で身に付けることができる。

また、「総合問題」では、部首、類義語・対義語、熟語の構成、四字熟語といった、漢字検定で出題される形式の問題に取り組むことで、応用力が身に付けられる。

日々の学習の中で正しい「読み」「書き」を身に付けると同時に、様々な形式の問題に取り組むことで、高校入試や漢字検定でも力を発揮できる総合的な漢字力を育む。

関連URL

「漢字コンテンツ」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス