1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 埼工大、公道を自動運転バスでドライブする体験試乗会を29日開催

2019年9月25日

埼工大、公道を自動運転バスでドライブする体験試乗会を29日開催

埼玉工業大学は、開発中の自動運転バスで、埼玉県本庄市の公道をドライブする体験試乗会を29日に開催する。

埼工大自動運転バス

今回の試乗会は、こだま青年会議所が主催する9月例会「未来×地域×体験」のイベントに埼工大が協力する形で実施。本庄早稲田駅(北陸・上越新幹線)近辺の約2.3 kmの公道を走行し、自動運転バスを体験する。

埼工大は、今年4月に発足した自動運転技術開発センターで、AI技術を本格的に採用して走行する最新の自動運転バスの開発を進めている。

8月1日に、開発中の自動運転バスの試乗会を開催して開発状況を公開。その後、坂戸・よさこい、横浜市・真空展などのイベントで体験試乗会を実施している。

埼工大の自動運転バスは、「ミクニライフ&オート」の協力で、マイクロバス「リエッセⅡ」をベースに「自動運転AI(AIPilot/Autoware)」を実装し、既存の車両を活かした経済性の高い自動運転車。

AI技術を本格的に活用して自動運転(レベル3)の走行を実現し、専用レーンだけでなく一般公道も走行できる。地域の足としての実用化が期待され、商用化を目指した開発を進めている。車両は大きさ625×203×261、重量4.7t、24人乗りの4000ccディーゼル車。

開催概要

開催日時:9月29日(日)10:00~17:00
開催場所:本庄早稲田駅近辺の公道[埼玉県本庄市早稲田の杜1丁目14-1]
詳細

開催概要

埼工大の自動運転特設サイト

埼玉工業大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス