1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CompTIA、初の日本語版の「人材育成教育コンテンツ」を発売

2019年10月9日

CompTIA、初の日本語版の「人材育成教育コンテンツ」を発売

CompTIA(コンプティア)日本支局は8日、人材育成の教育教材第1弾としてOfficial CompTIA Contents(OCC)の「The Official CompTIA A+ Core 1 Study Guide(試験番号 220-1001)eBook 日本語版」(税別:1万410円)を発売した。

また、第2弾の「The Official CompTIA A+ Core 2 Study Guide(試験番号:220-1002)eBook 日本語版」(税別:1万410円)を、11月5日に発売する予定。

この2つの教材は、自学で学習を進める人向けのコンテンツで、それぞれ最新のCore 1(220-1001)、Core 2(220-1002)出題範囲を網羅し、多くの図解を含んだ理解しやすいコンテンツ。

すべてのトピックスは、業務上の職務に関連しており、レッスンでは実際の業務で発生する内容を取り上げている。また、重要な用語と略語用語集も含まれている。

「CompTIA A+」は、世界100万人以上に取得されているITキャリアを確立する上で、最も重要なIT認定資格のひとつ。

新たにIT業界での就業を希望する人や、既にIT業界で活躍している人のスキルの習得や再検証などに最適な学習内容。

CompTIA A+は、2019年に改訂され、現在配信中のCompTIA A+ Coreシリーズが最新のバージョン。Core 1(220-1001)、Core 2(220-1002)の両方に合格することで、CompTIA A+認定資格が取得できる。

CompTIAは1982年、様々なIT規格の標準化を提言するため、ITベンダーとパートナー企業がオープンな対話を行う場となるべくグローバルなIT業界団体としてシカゴで設立。

2001年4月にCompTIA日本支局を設立。2018年現在、ICT業界を中心に2000社以上のメンバー企業、3000社以上の学校機関、トレーニング関連の企業とのパートナーシップを締結し、数万人を超えるITプロフェッショナルのコミュニティを運営している。

関連URL

コンテンツ購入

CompTIA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス