1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CompTIA、初の日本語版の「人材育成教育コンテンツ」を発売

2019年10月9日

CompTIA、初の日本語版の「人材育成教育コンテンツ」を発売

CompTIA(コンプティア)日本支局は8日、人材育成の教育教材第1弾としてOfficial CompTIA Contents(OCC)の「The Official CompTIA A+ Core 1 Study Guide(試験番号 220-1001)eBook 日本語版」(税別:1万410円)を発売した。

また、第2弾の「The Official CompTIA A+ Core 2 Study Guide(試験番号:220-1002)eBook 日本語版」(税別:1万410円)を、11月5日に発売する予定。

この2つの教材は、自学で学習を進める人向けのコンテンツで、それぞれ最新のCore 1(220-1001)、Core 2(220-1002)出題範囲を網羅し、多くの図解を含んだ理解しやすいコンテンツ。

すべてのトピックスは、業務上の職務に関連しており、レッスンでは実際の業務で発生する内容を取り上げている。また、重要な用語と略語用語集も含まれている。

「CompTIA A+」は、世界100万人以上に取得されているITキャリアを確立する上で、最も重要なIT認定資格のひとつ。

新たにIT業界での就業を希望する人や、既にIT業界で活躍している人のスキルの習得や再検証などに最適な学習内容。

CompTIA A+は、2019年に改訂され、現在配信中のCompTIA A+ Coreシリーズが最新のバージョン。Core 1(220-1001)、Core 2(220-1002)の両方に合格することで、CompTIA A+認定資格が取得できる。

CompTIAは1982年、様々なIT規格の標準化を提言するため、ITベンダーとパートナー企業がオープンな対話を行う場となるべくグローバルなIT業界団体としてシカゴで設立。

2001年4月にCompTIA日本支局を設立。2018年現在、ICT業界を中心に2000社以上のメンバー企業、3000社以上の学校機関、トレーニング関連の企業とのパートナーシップを締結し、数万人を超えるITプロフェッショナルのコミュニティを運営している。

関連URL

コンテンツ購入

CompTIA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス