1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. IoT開発ボード「obniz Board」が「東大阪モノづくりICTクラブ」の教材に採用

2019年10月24日

IoT開発ボード「obniz Board」が「東大阪モノづくりICTクラブ」の教材に採用

CambrianRoboticsは23日、同社が開発・提供するIoT開発ボード「obniz Board」が、総務省の地域ICTクラブ普及推進事業採択の「東大阪モノづくりICTクラブ」の教材として採用されたことを明らかにした。

第1回プログラミング講座の様子

「東大阪モノづくりICTクラブ」では、モノづくりのまち東大阪の製造業に関わる事業者や施設と、アジア太平洋トレードセンター(ATC)に集積するICT関連およびロボット開発事業者が連携し、モノづくりとICTを一緒に学べる地域コミュニティの場を設け、各業界のプロが講師となって実践的な教育プログラムを提供している。

「obniz Board」はさまざまな機器のIoT化と制御をインターネット経由で簡単、迅速に行うことができるIoT開発ボードで、プログラム言語を選ばないシンプルなソフト開発が可能であること、インターネットを介して遠隔で複数のハードウェアをコントロールできることを特徴としている。クラウド側のみでソフト開発ができるため安価かつスピーディな導入が実現でき、またSTEM教育における各種教材・キットにも容易に導入することができる。

同製品は、モノづくりとICTを同時に学ぶという「東大阪モノづくりICTクラブ」のコンセプト実現に最適な教材として評価され、9月14日に1回目のプログラミング講座が実施された。当日は、参加した子どもたちがスマートフォンから操作できるラジコン作成のプログラミング学習を行った。

関連URL

CambrianRobotics

東大阪モノづくりICTクラブ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス