1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

2020年9月9日

札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

CambrianRoboticsは8日、同社の専用デバイス「obniz Board(オブナイズボード)」が、札幌市の北嶺中・高校で実施されるプログラミング教育「北嶺プログラミングAcademy」の教材に採用されたと発表した。

「北嶺プログラミングAcademy」で使われる教材・カリキュラムは、NECソリューションイノベータ北海道支社が開発し、実際の講義も同社が担当。

「obniz Board」は、中高一貫校の1年~4年⽣までの全17回のカリキュラムの中で、「計測と制御」「双⽅向通信」「新たな価値創造IoT」をテーマにした授業の教材として使われる。

「obniz Board」を採用することで、中・高のプログラミング教育の中で、①従前からの計測と制御のプログラミングにCloudの技術をプラス、②双方向性のあるコンテンツのプログラミングにWebサービスのような双方向コンテンツの利用をプラス、③最終的には高校の情報Ⅱまでを意識し、DXを支える技術を使った価値創造、といった特徴あるカリキュラムが実現した。

「obniz」は、様々な機器のIoT化と制御を、インターネット経由で簡単・迅速に行うことができる、日本発のIoTプラットフォーム。

プログラム言語を選ばないシンプルなソフト開発ができ、インターネット経由で遠隔・複数のハードウェアをコントロールできるのが特徴。

「obniz Board」は、Wi-Fi経由でobniz Cloudにつながる専用デバイス。無料の無期限ライセンスが付いており、センサーやモーターをクラウド経由で操作するIoTを構築できる。

関連URL

「obniz Board」

「obniz」

CambrianRobotics

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス