1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

2020年9月9日

札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

CambrianRoboticsは8日、同社の専用デバイス「obniz Board(オブナイズボード)」が、札幌市の北嶺中・高校で実施されるプログラミング教育「北嶺プログラミングAcademy」の教材に採用されたと発表した。

「北嶺プログラミングAcademy」で使われる教材・カリキュラムは、NECソリューションイノベータ北海道支社が開発し、実際の講義も同社が担当。

「obniz Board」は、中高一貫校の1年~4年⽣までの全17回のカリキュラムの中で、「計測と制御」「双⽅向通信」「新たな価値創造IoT」をテーマにした授業の教材として使われる。

「obniz Board」を採用することで、中・高のプログラミング教育の中で、①従前からの計測と制御のプログラミングにCloudの技術をプラス、②双方向性のあるコンテンツのプログラミングにWebサービスのような双方向コンテンツの利用をプラス、③最終的には高校の情報Ⅱまでを意識し、DXを支える技術を使った価値創造、といった特徴あるカリキュラムが実現した。

「obniz」は、様々な機器のIoT化と制御を、インターネット経由で簡単・迅速に行うことができる、日本発のIoTプラットフォーム。

プログラム言語を選ばないシンプルなソフト開発ができ、インターネット経由で遠隔・複数のハードウェアをコントロールできるのが特徴。

「obniz Board」は、Wi-Fi経由でobniz Cloudにつながる専用デバイス。無料の無期限ライセンスが付いており、センサーやモーターをクラウド経由で操作するIoTを構築できる。

関連URL

「obniz Board」

「obniz」

CambrianRobotics

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス