1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

2020年9月9日

札幌市の北嶺中高校、プログラミング教育の教材に「obniz Board」を採⽤

CambrianRoboticsは8日、同社の専用デバイス「obniz Board(オブナイズボード)」が、札幌市の北嶺中・高校で実施されるプログラミング教育「北嶺プログラミングAcademy」の教材に採用されたと発表した。

「北嶺プログラミングAcademy」で使われる教材・カリキュラムは、NECソリューションイノベータ北海道支社が開発し、実際の講義も同社が担当。

「obniz Board」は、中高一貫校の1年~4年⽣までの全17回のカリキュラムの中で、「計測と制御」「双⽅向通信」「新たな価値創造IoT」をテーマにした授業の教材として使われる。

「obniz Board」を採用することで、中・高のプログラミング教育の中で、①従前からの計測と制御のプログラミングにCloudの技術をプラス、②双方向性のあるコンテンツのプログラミングにWebサービスのような双方向コンテンツの利用をプラス、③最終的には高校の情報Ⅱまでを意識し、DXを支える技術を使った価値創造、といった特徴あるカリキュラムが実現した。

「obniz」は、様々な機器のIoT化と制御を、インターネット経由で簡単・迅速に行うことができる、日本発のIoTプラットフォーム。

プログラム言語を選ばないシンプルなソフト開発ができ、インターネット経由で遠隔・複数のハードウェアをコントロールできるのが特徴。

「obniz Board」は、Wi-Fi経由でobniz Cloudにつながる専用デバイス。無料の無期限ライセンスが付いており、センサーやモーターをクラウド経由で操作するIoTを構築できる。

関連URL

「obniz Board」

「obniz」

CambrianRobotics

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス