1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」三鷹で開校

2020年9月9日

まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」三鷹で開校

まちづくり三鷹は8日、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」を三鷹産業プラザで開校すると発表した。

「るびつく」は、プログラミング言語RubyやRubyによって作成されたビジュアルプログラミングツール「Smalruby(スモウルビー)」を使ってプログラミングを体験する教室。コンピュータの仕組みを知り、プログラミングをすることで論理的に物事を組み立てる思考方法を学ぶことができる。

ビジュアルマスターコース、コーディングコース、Rubyくらぶの3コースを用意している。ビジュアルマスターコースでは、Smalrubyを使いながらプログラムの仕組みを知り、簡単なプログラムを作りながらプログラミングの楽しさを体験してもらう。島根県主催の「スモウルビー・プログラミング甲子園」というAIプログラミングの競技会への応募を目指すほか、SmalrubyとMicro:bitを組み合わせたロボットプログラミングにも挑戦する。対象は主に小学4年生~中学3年生。月会費は7700円(教材費込)。

コーディングコースでは、実際のWebサービスやシステムで使用されているRubyやRuby on Railsなどを学び、実践的なプログラミングスキルを身につける。対象は主に中学1年生~高校3年生。月会費は7700円(教材費込)。

また、Rubyくらぶでは、一定のスキルを身につけた上で、プログラミングの上達ポイントなどのサポートを受けながら、自分の作りたいプログラム制作に挑戦する。対象は中学1年生~高校3年生。月会費は3300円(教材費込)。

いずれも定員は10名程度(先着順)。

関連URL

「るびつく」の申込

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス