1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」三鷹で開校

2020年9月9日

まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」三鷹で開校

まちづくり三鷹は8日、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」を三鷹産業プラザで開校すると発表した。

「るびつく」は、プログラミング言語RubyやRubyによって作成されたビジュアルプログラミングツール「Smalruby(スモウルビー)」を使ってプログラミングを体験する教室。コンピュータの仕組みを知り、プログラミングをすることで論理的に物事を組み立てる思考方法を学ぶことができる。

ビジュアルマスターコース、コーディングコース、Rubyくらぶの3コースを用意している。ビジュアルマスターコースでは、Smalrubyを使いながらプログラムの仕組みを知り、簡単なプログラムを作りながらプログラミングの楽しさを体験してもらう。島根県主催の「スモウルビー・プログラミング甲子園」というAIプログラミングの競技会への応募を目指すほか、SmalrubyとMicro:bitを組み合わせたロボットプログラミングにも挑戦する。対象は主に小学4年生~中学3年生。月会費は7700円(教材費込)。

コーディングコースでは、実際のWebサービスやシステムで使用されているRubyやRuby on Railsなどを学び、実践的なプログラミングスキルを身につける。対象は主に中学1年生~高校3年生。月会費は7700円(教材費込)。

また、Rubyくらぶでは、一定のスキルを身につけた上で、プログラミングの上達ポイントなどのサポートを受けながら、自分の作りたいプログラム制作に挑戦する。対象は中学1年生~高校3年生。月会費は3300円(教材費込)。

いずれも定員は10名程度(先着順)。

関連URL

「るびつく」の申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス