1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」の4月生を募集

2022年3月24日

まちづくり三鷹、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」の4月生を募集

まちづくり三鷹は、プログラミング×ものづくり教室「るびつく」の4月生を募集している。

「るびつく」は、初心者にも分かりやすく学習しやすい、実際のシステム開発でも使用されているプログラミング言語「Ruby(ルビー)」や小型コンピュータ「micro:bit(マイクロビット)」等を使って、プログラミングを体験する教室。コンピュータの仕組みを知り、プログラミングをすることにより論理的に物事を組み立てる思考方法も学ぶ。コースはビジュアルマスターコース、コーディングコース、Rubyくらぶの3つを用意している。

ビジュアルマスターコースは、主に「micro:bit(マイクロビット)」とパソコンを使いながらロボットプログラミングに挑戦する。各種センサーの役割とプログラミングを段階的に理解し、発想したアイディアを形にして、思い通りに動かすことを目指す。対象は主に小学4年生から6年生。月会費は7700円(教材費込)で、隔週火曜日17:00~18:40(初回は4月8日)。

コーディングコースは、Webサービスやシステムで使用されているRubyやRuby on Rails(ルビーオンレイルズ)などを学ぶ。ゲーム制作やWebアプリ制作を通して、実践的なプログラミングスキルを身につける。プログラミングが自作できるレベルが目標で、対象は主に中学1年生から高校3年生。月会費は7700円(教材費込)で、隔週日曜日11:00~12:40(初回は4月10日)。

Rubyくらぶは、一定のスキルを身につけた上で、プログラミングの上達ポイントなどのサポートを受けながら、自分の作りたいプログラム制作に挑戦する。プログラミングコンテストに挑戦したい人にもおすすめ。対象は主に中学1年生から高校3年生で、月会費は3300円(教材費込)。月1回、第2日曜日13:30~16:30(初回は4月10日)の開催。

ビジュアルマスターコース、コーディングコースは、プログラミング初心者からを対象としているが、Rubyくらぶは経験者が対象。定員は各10名程度(先着順)で、会場は三鷹産業プラザ。

申込み

関連URL

「るびつく」

まちづくり三鷹

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス