1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スクウェア・エニックス、東京藝術大に新設の「ゲームコース」に講師派遣

2019年10月30日

スクウェア・エニックス、東京藝術大に新設の「ゲームコース」に講師派遣

スクウェア・エニックス・ホールディングスは29日、東京藝術大学が今年度から新設した「大学院映像研究科ゲームコース」の科目「芸術と情報」に対し、同社グループのプロデューサーおよびクリエイターを講師として派遣し講義を実施すると発表した。

同社と東京藝術大学は、2017年度に期間限定でゲーム学科を立ち上げ、映像研究科の学生たちが同社のクリエイターのメンタリングのもと、アニメーションをゲームに展開する「A to Gプロジェクト」や「ファイナルファンタジーXV」の制作プロセスの展示などを実施した。

また2018年度には、「東京藝術大学ゲーム学科第0年次展」と題した展示会を実施し、同社グループのLuminous Productionsのクリエイターをメンターとした「A to Gプロジェクト」の成果を披露した。

そして、今年度からゲームに関連したさまざまな知識を2年かけて専門的に学べる「ゲームコース」が映像研究科に開設されたことを受け、同社から当該コースへの講師派遣や、Luminous Productionsのクリエイターによる「A to Gプロジェクト」におけるゲーム制作へのメンタリングなどを積極的に行っていくこととした。

関連URL

スクウェア・エニックス・ホールディングス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス