1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ノーベル物理学賞の梶田氏が「企業内技術士シンポジウム」で基調講演

2019年11月15日

ノーベル物理学賞の梶田氏が「企業内技術士シンポジウム」で基調講演

企業内技術士交流会は14日、12月5日に都内で開催する「企業内技術士シンポジウム2019」で、2015年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章氏が基調講演を行うと発表した。

このシンポジウムは、同交流会の恒例行事で、今年は交流会設立30周年記念として、「ニュートリノ振動の発見およびそれを支えた技術と技術者」というテーマで開催。梶田氏は、「神岡でのニュートリノ研究とそれを支える技術」と題した基調講演を行う。

同交流会は、日本技術士会に登録された組織。企業に所属し活動する技術士に交流の場を提供し、技術士が企業や業種の壁を超えて、自らの技術力を磨き、新しいビジネスチャンスを生み出すことなどを目的に活動している。

2019年9月末現在の会員数は100人(正会員82人、準会員3人、特別会員15人)。

当日は、梶田氏の基調講演のほか、「ニュートリノ実験用20インチ光電子増倍管の開発」(ホトニクス製造部⻑・吉澤祐二氏)、「スーパーカミオカンデ建設プロジェクトの概要報告~設備の特殊性/トピックスの紹介~」(三井E&Sエンジニアリング主管・小野純二氏)の講演も予定している。

開催概要

開催日時:12月5日(木)、13:00〜17:00(シンポジウム)、17:10〜19:00(懇親会)
開催会場:芝浦工業大学・豊洲キャンパス(東京都江東区豊洲3-7-5)
・シンポジウム:交流棟6階大講義室
・懇親会:交流棟3階カフェテリア
定員:約400人
対象:誰でも参加できる(技術士資格を保有していない人や学生も歓迎)
会費:
・シンポジウム参加費:一般2000円、学生500円
・懇親会参加費:一般、学生とも3000円
参加申込み:11月27日(水)まで

詳細・申込

関連URL

企業内技術士交流会

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス