1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「高校生ロボット相撲全国大会2019」23日に福島県郡山市で開催

2019年11月15日

「高校生ロボット相撲全国大会2019」23日に福島県郡山市で開催

全国工業高等学校長協会と富士ソフトは、「高校生ロボット相撲全国大会2019」を、11月23日に福島県郡山市のビッグパレットふくしまの「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2019」内で開催する。

昨年大会の様子

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年から開催し、今回で31 回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

地区大会の開催地域の高校生だけが参加できる「高校生の部」と参加資格に制限のない「全日本の部」で構成され、それぞれ自動的に動くプログラムを内蔵した「自立型」と、ラジコン操作で動かす「ラジコン型」の2 種類のロボットがエントリーする。

「高校生の部」は1993年から開催され、今年で27 回目を迎える。地区大会には、209 台のロボットがエントリーし、全国大会に進出した64 台が“高校生横綱”を目指して熱戦を繰り広げる。なお、優勝者には文部科学大臣賞、技術的に優れたロボットには経済産業大臣賞が授与される。

開催概要

開催日時:2019 年11 月23 日(土・祝) 11:00 開会式/11:30 試合開始/15:30 表彰式
・当日の試合状況により、時間が早まる場合がある。
・入場無料。だれでも観戦できる。
開催場所:ビッグパレットふくしま コンベンションホール [福島県郡山市南2-52]
出場台数: 64台(自立型 32台、ラジコン型32台)

関連URL

全日本ロボット相撲大会

ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2019(11 月22~23 日)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス