1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ディープインサイト、深層学習を可能にする「組込み型エッジAI」の提供開始

2019年11月19日

ディープインサイト、深層学習を可能にする「組込み型エッジAI」の提供開始

ディープインサイトは18日、深層学習(推論と学習両方)を可能にする組み込み型エッジ AI「KAIBER engram(カイバー エングラム)」の提供を、国内で初めて開始した。

「KAIBER engram(カイバー エングラム)」を活用した IoT 製品の仕組み

カイバー エングラムは、これまでクラウドで行われてきた深層学習もIoT端末側で行えるようにする組み込み型のエッジAI。

同社が「KAIBER」で培ったAI開発技術を活用し、予測機能だけの利用しかできなかった端末に、深層学習機能を組み込めるようにした。

これまでの「エッジAI」では、工場固有の振動や個々の機械の経年劣化など端末の環境変化への対応に合わせ、大量データの再学習をクラウド上で行う必要があった。

だが、カイバー エングラムは、現場で収集したデータをクラウド上に送り再学習することなく、端末内でリアルタイムに自律学習する事ができるようになる。

さらには、データを社内に留めることや、通信環境に左右されずに利用することが可能になる。また、クラウドとの通信コストを削減できるため、高いセキュリティ性を持ち、リアルタイムでの学習を安定して行える低コストのIoT端末を開発する環境が実現する。

カイバー エングラムのライセンス料金は20万円~。

また、同社は今回、三菱UFJキャピタルが運営するファンドから1億円の第3者割当を行った。この資金調達で、同エッジAIの開発体制を強化し、さらなる機能拡充を行う。

なお、20日~22日まで、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology2019展」で、エッジコンピュータに「KAIBER engram」を組込み搭載したリアルタイム自律学習のデモを行う。

関連URL

「カイバー エングラム」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス