1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 朝日新聞社、ワークブック教材『探究×SDGs 地域課題解決のコツ』発刊

2019年12月12日

朝日新聞社、ワークブック教材『探究×SDGs 地域課題解決のコツ』発刊

朝日新聞社は11日、トモノカイとの共同事業として、ワークブック教材『探究×SDGs 地域課題解決のコツ―新聞記事、システム思考を活用して課題に挑もう!』を来年4月に発行することを明らかにした。

2022年から全国の高等学校で本格化する「総合的な探究の時間」では、生徒が教科学習で習得した知識や技能を活用しながら、各自の将来につながるような興味関心を深めたり、社会の課題を見つけ解決策を考えたりする授業が求められる。

同教材では、生徒が無理なく学習に取り組めるよう、SDGsの理念や地域課題の発見と解決のプロセスを、ワークブック形式に6つのステップに分けて系統立てた。全国各地が共通して抱える地域課題の事例を、SDGsの視点から「システム思考」で本質を整理し、「探究」に不可欠な論理的思考、表現力などのスキルも学ぶことができる。探究教育で知られる國學院大學の田村学教授とSDGs研究の東京都市大学の佐藤真久教授が監修にあたる。

教育業界が抱える社会課題を解決する形で事業を展開するトモノカイと、SDGsの報道に力を入れ、教育に関するノウハウも豊富な朝日新聞社とのコラボレーションにより、より良い教育を高等学校中心に提供していきたいとしている。

中高一貫校を含む全国の高等学校の授業で使用できるよう、生徒用と教師用指導書を提供する。価格は生徒用1500円(税別)/教師用解説書(授業内使用新聞切り抜きを含む)3000円(税別)。ただいま予約受付中。

関連URL

トモノカイ

朝日新聞社

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス