1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「きみとみらい」英語塾、AI活用のオンライン教材「フラッシュ英作文」提供

2019年12月19日

「きみとみらい」英語塾、AI活用のオンライン教材「フラッシュ英作文」提供

「きみとみらい」社は18日、同社が運営する英語塾「Grow Rich English School」で、アイードの英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX」を活用したオンライン教材「フラッシュ英作文」を、2020年1月4日から塾生を対象に提供すると発表した。


「フラッシュ英作文」は、iPhone、iPad、PCで学習できるオンライン教材。画面上に表示された日本語文を、制限時間内に英語で発音し、正確に英訳が行えているかを「合格・不合格」で評価する。

学習コンテンツは、中学3年間で学習する英文法の全単元を収録。また、苦手な英文は繰り返し学習できるよう、「合格」するまで何度も出題される。

「フラッシュ英作文」を使うことで、生徒一人ひとりが文法学習で間違えやすい語法や定着しづらい単元について、データに基づいた振り返りが行える。

市販の問題集や学校で行う定期試験では、その都度苦手な単元を確認するに止まっていたが、中学英文法の単元を完全網羅することで、学習開始時点から継続的にデータが蓄積できるようになる。

これまで、子どもたちの発音チェックや英作文の練習は、教師が一緒にいるレッスン時間だけで行っていたが、「フラッシュ英作文」はレッスン以外の時間にもiPhoneやiPad上で練習ができ、自主学習でも「文法学習」「英作文トレーニング」「スピーキング力の素地形成」ができるようになった。

関連URL

Grow Rich English School

アイード

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス