1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 恵学社、AI技術用いた「スピーキング能力評価ツール」の提供開始

2019年7月5日

恵学社、AI技術用いた「スピーキング能力評価ツール」の提供開始

恵学社は、アイード社のAI多次元音声評価技術「CHIVOX(チボックス)オープンクエスチョンカーネル」を用いたスピーキングスキル評価ツールを開発し、4日から提供を開始した。国内では初めてのリリースだという。

0705-ec「CHIVOX」は、CHIVOX社(中国・江蘇省)が開発したAIによる発音解析プログラムで、現在132の国と地域、1000社以上の製品に採用されている。

中国での英語教育市場では約50%のシェアを占め、大学・高校入試の英語スピーキングパートの採点システムとしても導入されており、毎月6億回以上のスピーキング能力評価が行われている。

恵学社は、言語習得の科学「第2言語習得研究」(SLA)をベースにした90日間の科学的英語トレーニングで、のべ6000人以上の英語力をアップしてきた。

今回、これまでパーソナルトレーナーが個別に実施していたスピーキングのアセスメントをさらに効率よく行うために、「CHIVOXオープンクエスチョンカーネル」を活用した評価ツールを開発した。

これにより、「複数の回答が想定される問い」に対し、独自のアルゴリズムを用いた解析で、多項目評価ができるようになる。

同社は、 短期集中型英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」と自習型の英語学習コンサルティングサービス「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」を運営している。

関連URL

スピーキングスキル評価ツール

ENGLISH COMPANY

アイード社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス