1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 恵学社、AI技術用いた「スピーキング能力評価ツール」の提供開始

2019年7月5日

恵学社、AI技術用いた「スピーキング能力評価ツール」の提供開始

恵学社は、アイード社のAI多次元音声評価技術「CHIVOX(チボックス)オープンクエスチョンカーネル」を用いたスピーキングスキル評価ツールを開発し、4日から提供を開始した。国内では初めてのリリースだという。

0705-ec「CHIVOX」は、CHIVOX社(中国・江蘇省)が開発したAIによる発音解析プログラムで、現在132の国と地域、1000社以上の製品に採用されている。

中国での英語教育市場では約50%のシェアを占め、大学・高校入試の英語スピーキングパートの採点システムとしても導入されており、毎月6億回以上のスピーキング能力評価が行われている。

恵学社は、言語習得の科学「第2言語習得研究」(SLA)をベースにした90日間の科学的英語トレーニングで、のべ6000人以上の英語力をアップしてきた。

今回、これまでパーソナルトレーナーが個別に実施していたスピーキングのアセスメントをさらに効率よく行うために、「CHIVOXオープンクエスチョンカーネル」を活用した評価ツールを開発した。

これにより、「複数の回答が想定される問い」に対し、独自のアルゴリズムを用いた解析で、多項目評価ができるようになる。

同社は、 短期集中型英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」と自習型の英語学習コンサルティングサービス「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」を運営している。

関連URL

スピーキングスキル評価ツール

ENGLISH COMPANY

アイード社

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス