1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ヒューマンアカデミー、学童保育施設でロボホンを活用したプログラミング教室

2020年1月23日

ヒューマンアカデミー、学童保育施設でロボホンを活用したプログラミング教室

ヒューマンアカデミーは、学童保育施設「Hiraku Kids(ひらくきっず)」のみなとみらい校と大井町校で、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「ロボホンと一緒にプログラミング教室」を昨年12月27日に開催、その模様を22日に公開した。


Hiraku Kids 2019 Winter Schoolは、ひらくきっずの利用者を対象に冬休み期間限定で開催するイベント。当日は、ロボホンの担当者が講師となり、約1時間にわたり、子どもたちがロボホンと一緒にプログラミングを学んだ。

講師からプログラミングの概要やロボホンについて説明した後、専用アプリ「ロブリック」の画面を見せながら実際にロボホンを動かすデモを実施、子どもたちはプログラムを使用して「話す」「ダンスをする」などの課題に取り組んだ。参加者の多くがプログラミングは初めてだったが、試行錯誤しながら楽しそうに体験していたという。

ロボホンは2016年にシャープから発売された会話のできるモバイル型ロボット。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしてはきわめて小型のサイズ(身長約19.5cm)で、外出先にも持ち運んで使用できる。身振り手振りを交えての会話や内蔵カメラを使い、さまざまな用途に活用できる。

関連URL

「Hiraku Kids(ひらくきっず)」

「ロボホン」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス