1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 英語4技能×探究学習の全国プレゼンコンテスト「第3回CMA」開催決定

2020年2月5日

英語4技能×探究学習の全国プレゼンコンテスト「第3回CMA」開催決定

英語4技能・探究学習推進協会は4日、「英語4技能×探究学習」による全国規模のプレゼンテーションコンテスト「第3回Change Maker Awards」(CMA)の開催を決め、3月2日からエントリーを開始、2021年1月10日に東京・国際交流会議場で本選を開催すると発表した。

CMAは、英語4技能と探究にスポットを当て、昨年1月27日に第1回目の本選、同9月1日に第2回目の本選を開催。

総合評価は、プレゼンテーションの内容が80%、英語力20%と発表内容を重視。従来の英語力を重視する英語系のコンテストとは異なる、内容重視のプレゼンコンテスト。

第3回CMAは、個人部門とチーム部門の2部門に分けて実施する。書類選考と各ブロック予選を経て、それぞれ10チームが本選出場。参加費は無料だが、本選や近畿ブロックなどの予選での交通費・宿泊費は各自の負担。

個人部門のテーマは、「世界に伝えたい私の探究」(Show your Research/Action to the World)で、自分が熱中している・夢中になっている探究についてプレゼンする。

チーム部門は、「私たち×〇〇」(Attract the World with your Research/Action)がテーマ。熱中し、夢中で取り組んできた探究についてプレゼンを行うが、その際、①私たち×SDGs(発表内容をSDGsと関連させてプレゼン)、②私たち×〇〇(自由テーマ)のどちらかを選択。

プレエントリー(9月23日締切り)を済ませた出場者は、本エントリーとして書類選考(9月30日締切り)に進む。その後、書類選考を通過した出場者が動画予選(10月29日締切り)・現地予選(11月1日開催)へと進んでいく。

金賞(1チーム)は1人あたり50万円分、銀賞(2チーム)は1人あたり30万円分、銅賞(3チーム)は1人あたり20万円分の海外経験プログラムが提供される。個人部門、チーム部門それぞれで全6チームが入賞できる。

また、チーム部門では、科学・社会課題をテーマに発表と議論を行う、アジア太平洋地域の中高生対象の課題研究コンテスト「Global Link Singapore」への無料招待が得られるGlobal Link賞が加わり、本選出場した出場者は個人部門は6チームが入賞、チーム部門は7チームが入賞することになる。入賞者には、最大で850万円分の留学などの海外学習支援特典が用意されている。

「第3回CMA」開催概要

開催日時:「本選」2021年1月10日(日)10:00~17:00(開場9:30)
開催会場:「本選」東京国際交流館・国際交流会議場[東京都江東区青海2-2-1]
参加者 :日本全国の中学、高校生
参加費:無料
各ブロック予選の会場:
・関東ブロック:SAPIX JECホール[東京都渋谷区代々木1-27-1 JEC本社ビル2階]
・近畿ブロック:公文ホール[大阪市淀川区西中島5-6-6 公文教育会館 B1F]
・九州ブロック:英進館・天神本館3階[福岡市中央区渡辺通 5-16-19]
詳細(予選日程など)

関連URL

「第3回CMA」エントリー

Global Link Singapore

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス