1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日立ソリューションズ×早稲田大、学術交流協定を締結

2020年2月5日

日立ソリューションズ×早稲田大、学術交流協定を締結

日立ソリューションズと早稲田大学データ科学総合研究教育センター(CDS)は1日、セキュリティをはじめとするデータサイエンス分野の人材育成および産学連携促進を目的とした学術交流協定を締結した。

ハッキング体験 ワークショップの様子

CDSはAI、IoT、ビッグデータなどのデータサイエンス分野における高度な専門知識を持つ人材育成に取り組んでおり、日立ソリューションズは、セキュリティ分野でAIや生体認証などを活用し、コンサルティングからシステム構築、運用、教育まで、企業のニーズに合った最先端のソリューションをトータルに提供してきた。

両者は昨年6月にセキュリティ分野で連携し、日立ソリューションズのホワイトハッカーやセキュリティコンサルタントが講師となって「情報セキュリティの現場論」の講座を正規科目として実施した。

このたびの学術交流協定では、日立ソリューションズのホワイトハッカーやセキュリティコンサルタントが講師となって行う正規科目の授業を継続する。また、社会人が専門知識を習得するために学び直しをするリカレント教育においても、データサイエンス分野の教育プログラムの開発・運用に協力していく。さらに、日立ソリューションズは早稲田大学の幅広い専門分野の教員や研究者と交流を図り、高度情報社会を支える最先端のセキュリティの研究に取り組んでいく。

また、両者は締結を記念し、学生向けハッキング体験ワークショップやパネルディスカッションを交えた2部構成のシンポジウム「情報セキュリティvs AI ~未来の脅威を読み解く~」を、サイバーセキュリティの日である3日に共同開催した。

関連URL

記念シンポジウムの詳細

日立ソリューションズのセキュリティ事業

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス