1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日立ソリューションズ、RPA運用支援クラウドサービスに新機能追加

2019年9月30日

日立ソリューションズ、RPA運用支援クラウドサービスに新機能追加

日立ソリューションズは、米国Automation Anywhere社のRPA*1製品「Automation Anywhere」の導入・運用を支援する「RPA運用支援クラウドサービス」において、ソフトウェアロボットの実行端末の効率的な利用を支援する機能を追加し、30日から提供開始する。

「JP1/AJS3」と連携した「RPA運用支援クラウドサービス」の概要

昨今、企業のRPAの活用が加速するなか、ロボットが部門ごとにバラバラに管理され、実行端末の増加に伴うライセンスの追加購入や、エラー時の対処の遅れなど、システム管理部門の運用管理負荷の増大が課題となっている。

同社ではこの課題を解決するため、今年1月から「Automation Anywhere」と日立製作所の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」のジョブ管理製品「JP1/Automatic Job Management System3(JP1/AJS3)」を連携し、システム管理者がロボット全体の実行スケジュールを視覚的に参照でき、ロボットの動作監視や実行結果の確認を簡単にできるようにしてきた。

このたび、同サービスを「JP1/AJS3」と連携することで、部門ユーザーからもロボットの実行スケジュールを視覚的に参照でき、ロボット実行端末の空き時間を確認した上で、ロボットの実行スケジュールの自動登録が可能となる。

これにより、システム管理者は手間をかけずに複数のロボットの実行スケジュールを全体最適の視点で調整できるようになり、実行端末の稼動率を向上させ、ライセンスの追加購入の抑制など、RPAの全社展開で課題となるライセンスや運用にかかるコストの低減を図ることができるという。

*1:RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワークを、パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する。

関連URL

RPA業務自動化ソリューションについて

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
先生、働きすぎていませんか? 10.29火 ICTと教員の働き方Webセミナー Classi 申込はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス