1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イオマガジン、「Moodle」で利用できるリスク対策講座を提供開始

2019年9月30日

イオマガジン、「Moodle」で利用できるリスク対策講座を提供開始

イオマガジンは26日、世界で1億2000万人が利用するeラーニングシステム「Moodle(ムードル)」で、「情報セキュリティ」「コンプライアンス」「個人情報保護法」など、喫緊のビジネス課題に対応した5つのジャンルのコンテンツをご用意、提供を開始した。

イオマガジンは、大学や企業の教育環境を大幅に改善するeラーニングシステム「Moodle(ムードル)」を提供し、好評を得ているが、導入企業から、「情報セキュリティ」や「コンプライアンス」「個人情報保護法」など、現代ビジネスにおける共通の課題を解決できるような教育コンテンツの要望が多く、ニーズの高まりを感じていたという。

それらの声に応えるべく、今回グラブデザイン社の「共感講座」と提携をして、eラーニングシステム「Moodle(ムードル)」で活用できる教育コンテンツを提供開始した。

提供するコンテンツは「情報セキュリティ(日本語版)」「情報セキュリティ(英語版)」「サイバーセキュリティ」「コンプライアンス」「個人情報保護法」「ビジネスマナー(社内編)」「ビジネスマナー(社外編)」の7講座。利用料は1教材8万円(月額)となっている。

今回提供するコンテンツは、「今すぐ使える内容を、わかりやすく」をモットーとして制作しており、アニメーションを交えながら、よくある課題を誰にでもわかりやすく表現することにこだわっている。思わず共感してしまうストーリーやキャラクターの演出によって、「自分も同じような失敗をしてしまうかも」と課題を自分ごと化でき、「この知識は重要だ」「もっと勉強したい」と意欲的に取り組める内容になっているという。すべての講座に「理解度テスト」も付いている。

関連URL

「Moodle(ムードル)」

イオマガジン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス