1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「Javaキャリ」、エンジニアに求められているプログラミング言語の傾向を公開

2019年9月30日

「Javaキャリ」、エンジニアに求められているプログラミング言語の傾向を公開

ボンズテックは27日、同社の転職サービス「Javaキャリ」の調査をもとに、ITエンジニアを募集する企業が採用時に求めるプログラミング言語の傾向を公開した。

それによると、エンジニアの求人に指定されているプログラミング言語の割合をみると、新たに登場したプログラミング言語よりも、既に世の中に普及しているプログラミング言語の求人割合が多いことが分かったという。

「Javaキャリ求人」で募集エンジニアに求められているプログラミング言語の割合は、1位「Java」17.0%、2位「C#」11.3%、3位「Javascript」11.0%、4位「.NET」10.8%、5位「PHP」9.3%、6位「C++」と「CSS」7.0%、などとなっている。

Java言語の求人には、高い技術力を求めて年収900万円を提示する企業もあるため、ハイスキルエンジニアの注目を集めており、逆に、未経験者歓迎の求人には、こらからITエンジニアに転職しようと考えている求職者からのアクセスが集まっている。

最近、高額求人で話題になる「Go」の求人割合は全体の1.3%、「Scala」は1.0%だった。
今後、言語の普及に伴なって求人数の増加が予想される。

「Python」は、登場から歳月が経っているが、機械学習ニーズの高騰や、Python認定インテグレーター制度の整備も追い風になり、さらに普及が進むものと予想される。

エンジニアにとって、既に習得しているプログラミング言語のスキルを更に伸ばすのか、新たな言語スキルを習得するのか、判断が難しくなってきており、どのような仕事をしながらスキルや年収を上げていくのかをイメージするためにも、現在世に出ている求人情報に目を通す必要があるという。

関連URL

Javaキャリ

ボンズテック

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス