1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イオマガジン、「Moodle」で独自の修了証を提供できるサポートキャンペーンを開始

2020年9月2日

イオマガジン、「Moodle」で独自の修了証を提供できるサポートキャンペーンを開始

イオマガジンは8月31日、世界で1億2000万人が利用するeラーニングシステム「Moodle(ムードル)」において、教育機関や各法人が提供する教育プログラムに合わせ、オリジナルの修了証を設定・提供できるサポートキャンペーンを開始すると発表した。期間は、8月31日から10月15日まで。

2020年度は、新型コロナウイルスの影響もあり、大学や専門学校などの高等教育機関をはじめ、幅広い業種の法人から、eラーニングの要望を数多あったが、年度初めの「スピーディーなeラーニング構築」という初期ニーズから少しずつ変化し、最近は「自社の教育プログラムに合わせて、オリジナルの修了証を発行したい」という運用ブラッシュアップのニーズが高まってきたという。

そこで、同社は、各法人における教育プログラムの価値を可視化し、より「学びたくなるコース作り」を支援するため、オリジナル修了証を発行するサポートキャンペーンを開始。

サポートキャンペーン概要

フロー:
1.各法人オリジナルのデザインをイオマガジンに共有
2.同社がMoodle上で「修了証デザイン」をフォーマット化して登録
3.その後、各コースでオリジナルデザインフォーマットの修了証を活用可能に
料金:
フォーマット作業費:通常10万円(税別)→5万円(税別)
※1デザインあたりの費用
※複数デザインの場合、3万円(税別)×デザイン数で対応
期間:8月31日~10月15日 ※期間中に契約した法人のみを対象
詳細 

関連URL

Moodle

イオマガジン

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス