1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ESIBLA、第3回Change Maker Awardsは募集期間を延長

2020年6月1日

ESIBLA、第3回Change Maker Awardsは募集期間を延長

英語4技能・探究学習推進協会(ESIBLA)は5月29日、第3回Change Maker Awards(CMA)のエントリー期間をコロナ禍の影響を受けた学校現場に対応する形で延長すると発表した。

延期期間は従来のプレエントリー9月23日・本エントリー9月30日それぞれ締め切りから、プレエントリー12月25日・本エントリー12月27日それぞれ締め切りに変更予定。

締め切り変更に伴い、予選を1月下旬、本選を2月下旬に実施する開催延期を検討。正式な変更日程は、6月中旬をめどに公表する。各ブロックの県編成の変更、開催地の再編成、現地予選から動画予選に変更などの詳細が変わる可能性があるという。

CMAは、日本の中高生の探究学習を推進する、内容重視の英語プレゼンテーションコンテスト。複雑化していくこれからの社会を子どもたちが生き抜くために欠かせない力を養う重要な学習である英語4技能と探究にスポットを当て、2019年から開催。総合評価ではプレゼンテーションの内容が80%、英語力が20%を占める割合とし、従来の英語力を重視する英語系のコンテストとは異なる内容重視のプレゼンテーションコンテスト。個人部門とチーム部門でのエントリー。参加費は無料。

第3回Change Maker Awards概要

■開催日時:【本選】2021年2月下旬で調整中
■会場:【本選】東京国際交流館 国際交流会議場 〒135-0064 東京都江東区青海2丁目2-1
■参加者:日本全国の中学生、高校生(参加費無料)
■テーマ
個人部門:
「世界に伝えたい私の探究」―Show your Research/Action to the World―
自分が熱中している・夢中になっている探究について、プレゼンテーションする。
チーム部門:
「私たち×〇〇」―Attract the World with your Research/Action―
自分が熱中し、夢中で取り組んできた探究についてプレゼンテーションする。
その際、下記の選択肢から1つ選ぶ。
①私たち×SDGs 発表内容をSDGsと関連させてプレゼンテーションする。
②私たち×〇〇 自由テーマ。昨年度の例:昆布の効能、屋根の形状、Ethical Consumptionなど

関連URL

Change Maker Awards

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス