1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. シャープ、ロボホン活用した小学校向け「AI教育プログラム実証授業」を実施

2020年2月10日

シャープ、ロボホン活用した小学校向け「AI教育プログラム実証授業」を実施

シャープは、同社のコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した小学校向けAI(人工知能)教育プログラムを新たに開発し、2月10日~3月4日まで、東京・小金井市立前原小学校で実証授業を行う。


実証授業第1弾の今回は、同市立前原小学校の5年生を対象に全5回を予定。授業では、ブロック状のオブジェクトの組み合わせで、ロボホンの動作や対話プログラムを作成できるソフトウェア「ブラウザ型プログラミングツール」を使用する。

グーグルのディープラーニングフレームワーク「TensorFlow Lite」を同ソフトに組み込むことで、ロボホンのカメラ機能を使ったAI画像認識(ディープラーニング解析)が体験できる。

児童は、自身の表情や特定の物体などをロボホンのカメラで連続撮影し、同ソフトに学習させる。これにより、類似の画像をロボホンのカメラで認識させると、特定の返答や動作をするプログラムが作成できる。

また、一連のプログラム作成体験を通して、AIについての理解を深めるとともに、児童自身がAIの利点や課題を考える機会を提供する。

「実証授業」実施概要

実証日程:2月10日(月)~3月4日(水)
実証場所:東京都小金井市立前原小学校[東京都小金井市前原町3-4-22]
使用機器:「RoBoHoN」<SR-03M-Y>、「ブラウザ型プログラミングツール」<SR-B04AT>、プログラム作成用パソコン(各16セット)
監修:松田 孝(MAZDA Incredible Lab代表/前原小学校・前校長)
詳細

関連URL

ロボホン用「ブラウザ型プログラミングツール」

シャープ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス