1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ロボットスタート、「ロボホン」のアプリデベロッパー向け取り組みを開始

2016年10月4日

ロボットスタート、「ロボホン」のアプリデベロッパー向け取り組みを開始

ロボットスタートは3日、小型で手軽に携帯できるモバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」の製造・販売を行うシャープと共に、ロボホンのアプリデベロッパーに向けた様々な取り組みを開始したと発表した。

( Sharp Corporation / RoBoHoN )

( Sharp Corporation / RoBoHoN )

今年5月26日にシャープから発売された「ロボホン」は、世界初の「モバイル型ロボット電話」として、「モバイルプロジェクト・アワード2016」のモバイルハードウェア部門で優秀賞を受賞。ロボホンには、ロボホンの専用アプリケーションを開発できる環境(SDK:Software Development Kit)が用意されており、SDKをアプリデベロッパーに活用してもらうことで、ロボホンに搭載されるアプリケーションが更に充実していくことを期待しているという。

シャープは、3日から、ロボホンの法人向けアプリデベロッパーに向けて「認定開発パートナー制度」をスタート。制度の企画、設計、ドキュメント作成、試験作成、認定試験実施などをシャープと共同してロボットスタートが担当していくという。今後もさらにアプリデベロッパー向けの各種施策を進めていくことで、ロボホンアプリの大幅な充実を図り、様々なニーズに合わせたロボホンの活用シーンを広げていく計画という。

「ロボホン」は、シャープがロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型のサイズ(身長約19.5cm)を実現し、外出先にも持ち運んで使用可能という。

モバイル通信(LTE/3G)に対応し、電話やメール、カメラなど携帯電話の基本機能や専用アプリケーションで提供される各種サービスを、「ロボホン」と対話しながら使用できるという。新開発のフォーカスフリー小型レーザープロジェクターを搭載。写真や動画、地図などを投影できるほか、専用アプリケーションをダウンロードすることで、利用できる機能やサービスを追加することもできるという。

関連URL

ロボットスタート

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス