1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「国際情報オリンピック」日本代表候補の中高生競技プログラマー20人が決定

2020年2月12日

「国際情報オリンピック」日本代表候補の中高生競技プログラマー20人が決定

情報オリンピック日本委員会は、「第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)」本選を8・9日に茨城県つくば市で実施し、7月にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」の日本代表選手候補20人を決定した。

第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)本選

日本情報オリンピックは、今回から、これまで以上の参加を目指して、予選を2段階化。その結果、1500人(うち女性141人)の申込みがあり、1265人(うち女性114人)がオンラインで予選に参加。

1次予選と2次予選を経て、成績上位者ら83人(うち女性2人)が参加した本選がつくば市で行われ、金賞・銀賞・銅賞・優秀賞の成績優秀者20人が決定。

この20人は、7月19日~24日にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」日本代表選手候補として、3月19日~24日の春季トレーニング合宿に参加。最終的に、4人が日本代表選手に選出される。

日本情報オリンピックは、高校2年に相当する学年以下の生徒・学生が集まり、数理情報科学の能力を競う智の競技会。

競技では、与えられた課題に対する性能の良いアルゴリズムを設計し、さらに、それをプログラムとして適切に実装することが求められる。

関連URL

日本代表選手候補などの詳細

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス