1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「国際情報オリンピック」日本代表候補の中高生競技プログラマー20人が決定

2020年2月12日

「国際情報オリンピック」日本代表候補の中高生競技プログラマー20人が決定

情報オリンピック日本委員会は、「第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)」本選を8・9日に茨城県つくば市で実施し、7月にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」の日本代表選手候補20人を決定した。

第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)本選

日本情報オリンピックは、今回から、これまで以上の参加を目指して、予選を2段階化。その結果、1500人(うち女性141人)の申込みがあり、1265人(うち女性114人)がオンラインで予選に参加。

1次予選と2次予選を経て、成績上位者ら83人(うち女性2人)が参加した本選がつくば市で行われ、金賞・銀賞・銅賞・優秀賞の成績優秀者20人が決定。

この20人は、7月19日~24日にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」日本代表選手候補として、3月19日~24日の春季トレーニング合宿に参加。最終的に、4人が日本代表選手に選出される。

日本情報オリンピックは、高校2年に相当する学年以下の生徒・学生が集まり、数理情報科学の能力を競う智の競技会。

競技では、与えられた課題に対する性能の良いアルゴリズムを設計し、さらに、それをプログラムとして適切に実装することが求められる。

関連URL

日本代表選手候補などの詳細

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス