1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「国際情報オリンピック シンガポール大会」出場の日本代表選手4人が決定

2020年3月25日

「国際情報オリンピック シンガポール大会」出場の日本代表選手4人が決定

情報オリンピック日本委員会は24日、7月19日~26日にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」に出場する日本代表選手4人を決定した、と発表した。

左から:星井さん、松尾さん、米田 寛峻さん、米田 優峻さん

「第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)」予選に参加した1265人の中から本選選考を経て、成績優秀者20人を春季トレーニング合宿に招待。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、合宿期間を3月20日~23日の4日間に縮小して、NTT DATA 駒場研修センター(東京)で実施した。

感染症予防の対策を講じると共に、競技・解析を中心に実施し、講義は中止、プラクティスはオンラインで実施した。その結果に基づき、23日に日本代表選手4人を決定した。

日本代表選手は、星井智仁(筑波大学附属駒場高校2年)、松尾凜太朗(麻布学園・麻布高校1年)、米田寛峻(開成高校2年)、米田優峻(筑波大学附属駒場高校2年)の4人。

国際情報オリンピック(IOI=International Olympiad in Informatics)は、世界の約80の国・地域から高校3年に相当する学年以下の生徒たちが集まり、数理情報科学の能力を競う智の競技会。

競技では、与えられた課題に対する性能の良いアルゴリズムを設計し、さらに、それをプログラムとして適切に実装することが求められる。

関連URL

「日本情報オリンピック」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス