1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「国際情報オリンピック シンガポール大会」出場の日本代表選手4人が決定

2020年3月25日

「国際情報オリンピック シンガポール大会」出場の日本代表選手4人が決定

情報オリンピック日本委員会は24日、7月19日~26日にシンガポールで開催予定の「第32回国際情報オリンピック」に出場する日本代表選手4人を決定した、と発表した。

左から:星井さん、松尾さん、米田 寛峻さん、米田 優峻さん

「第19回日本情報オリンピック(JOI 2019/2020)」予選に参加した1265人の中から本選選考を経て、成績優秀者20人を春季トレーニング合宿に招待。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、合宿期間を3月20日~23日の4日間に縮小して、NTT DATA 駒場研修センター(東京)で実施した。

感染症予防の対策を講じると共に、競技・解析を中心に実施し、講義は中止、プラクティスはオンラインで実施した。その結果に基づき、23日に日本代表選手4人を決定した。

日本代表選手は、星井智仁(筑波大学附属駒場高校2年)、松尾凜太朗(麻布学園・麻布高校1年)、米田寛峻(開成高校2年)、米田優峻(筑波大学附属駒場高校2年)の4人。

国際情報オリンピック(IOI=International Olympiad in Informatics)は、世界の約80の国・地域から高校3年に相当する学年以下の生徒たちが集まり、数理情報科学の能力を競う智の競技会。

競技では、与えられた課題に対する性能の良いアルゴリズムを設計し、さらに、それをプログラムとして適切に実装することが求められる。

関連URL

「日本情報オリンピック」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス