1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Z会CAの「速読速聴・英単語」シリーズが英単語アプリ「mikan」に搭載

2020年3月9日

Z会CAの「速読速聴・英単語」シリーズが英単語アプリ「mikan」に搭載

Z会グループのZ会CAは、同社が発行している語学書「速読速聴・英単語」シリーズの2冊が、mikanが運営する英単語アプリ「mikan」に搭載されたと6日に発表した。

搭載されたのは、「TOEIC TEST速読速聴・英単語STANDARD 1800ver.2」(「STANDARD」)と、「同GLOBAL 900ver.2」(「GLOBAL」)の2冊。

「速読速聴・英単語」シリーズは、英文を繰り返し読み、音声を聴くことを通して、単語力や熟語力だけでなく、速読力、リスニング力、背景知識を身に付けられる英単語書籍で、全8ラインナップを展開。

そのうち「STANDARD」と「GLOBAL」は、TOEIC TEST対策を目的としており、それぞれ基礎から中級レベルの必須語句、ハイスコア獲得のための語句を習得できる。

スマホ向け英単語学習アプリの「mikan」は、知っていたら右へ、知らなかったら左へカードをめくるだけで、知らない単語だけが繰り返し表示され、発音を確認しながら効率良く学習できる仕組みを備えている。

学習後、すぐに4択テストを実施することで定着度を向上。これらの学習データに基づいて検出される「苦手な単語」だけを効率的に復習していくことができる。

今回、mikan社の協力で、「mikan」内で「mikan PRO」に加入している会員限定コンテンツとして、「STANDARD」と「GLOBAL」の提供を開始。この2冊の収録語を「mikan」のシステムで学習できるようになった。

「mikan PRO」の通常価格は、月額プラン1000円、6カ月ブラン4800円、1年プラン7200円。18歳以下向けの「U18」プランや25歳以下向けの「U25」プランもアプリ内で提供。

スマホで「英単語アプリ mikan」のアプリをダウンロードして、「mikan PRO」に加入すれば、利用できる。

関連URL

mikan」アプリ

Z会CA

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス