1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ライバーエージェント、中高生向け「エンタメ双方向型ライブ授業」を企画

2020年3月17日

ライバーエージェント、中高生向け「エンタメ双方向型ライブ授業」を企画

ライバーエージェントは、新型コロナウイルスの影響で授業を受けられない中高生を対象に、LINEみらい財団と連携して、「エンタメ双方向型ライブ授業」を配信したと発表した。

配信したのは、英語と国語のライブ授業「休校サポート 特別ライブ授業」で、3月13日に、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で実施。同社は、その企画・制作を行った。また、撮影技術は、「addingdesign」の協力を得て進めた。

同社は、新型コロナウイルスの影響で、急きょ対策が必要となった企業・団体やアーティストと連携し、無観客音楽ライブやイベント・セミナーの配信などライブ配信の企画・制作協力を行っている。

今回の「休校サポート 特別ライブ授業」はその一環で、英語・国語とともに、ライブ授業ならではの特性をいかし、講師や授業を受ける生徒が、配信の視聴者とコミュニケーションを取りながら進める形式をとり入れた。

また、対象となる中高生が積極的に授業を楽しめるように、生徒役としてモデルやタレントとして活躍し10代から人気を集める現役高校生4人が登場。

「東京ガールズコレクション」がプロデュースする10代向けイベントを配信している「LINE LIVE」のチャンネル「TGC teen」と、女子高生のミス・コンテストを配信しているチャンネル「女子高生ミスコン」で配信した。

13日の配信では、英語・国語と2つの授業を合わせてのべ2万624人がリアルタイムにライブ授業を視聴した。

関連URL

「休校サポート 特別ライブ授業」

「LINE LIVE」

ライバーエージェント

LINEみらい財団

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス