1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ライバーエージェント、中高生向け「エンタメ双方向型ライブ授業」を企画

2020年3月17日

ライバーエージェント、中高生向け「エンタメ双方向型ライブ授業」を企画

ライバーエージェントは、新型コロナウイルスの影響で授業を受けられない中高生を対象に、LINEみらい財団と連携して、「エンタメ双方向型ライブ授業」を配信したと発表した。

配信したのは、英語と国語のライブ授業「休校サポート 特別ライブ授業」で、3月13日に、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で実施。同社は、その企画・制作を行った。また、撮影技術は、「addingdesign」の協力を得て進めた。

同社は、新型コロナウイルスの影響で、急きょ対策が必要となった企業・団体やアーティストと連携し、無観客音楽ライブやイベント・セミナーの配信などライブ配信の企画・制作協力を行っている。

今回の「休校サポート 特別ライブ授業」はその一環で、英語・国語とともに、ライブ授業ならではの特性をいかし、講師や授業を受ける生徒が、配信の視聴者とコミュニケーションを取りながら進める形式をとり入れた。

また、対象となる中高生が積極的に授業を楽しめるように、生徒役としてモデルやタレントとして活躍し10代から人気を集める現役高校生4人が登場。

「東京ガールズコレクション」がプロデュースする10代向けイベントを配信している「LINE LIVE」のチャンネル「TGC teen」と、女子高生のミス・コンテストを配信しているチャンネル「女子高生ミスコン」で配信した。

13日の配信では、英語・国語と2つの授業を合わせてのべ2万624人がリアルタイムにライブ授業を視聴した。

関連URL

「休校サポート 特別ライブ授業」

「LINE LIVE」

ライバーエージェント

LINEみらい財団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス