1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. バスの位置をLINE通知する「モークル」、千葉・富津市のスクールバスが導入

2020年4月3日

バスの位置をLINE通知する「モークル」、千葉・富津市のスクールバスが導入

恵那バッテリー電装は2日、同社が開発した、スマホ用アプリLINEを使ってバスの現在位置を確認できるシステム「モークル」が、4月から千葉県富津市が運行する公立学校のスクールバスで運用を開始する、と発表した。

「モークル」は、2017年8月からサービスを開始。幼稚園の送迎バスや、自治体が運行するコミュニティバスなどに採用されている。

自治体が運行するスクールバスへの導入は富津市が全国初。同市のスクールバスでは、児童生徒の保護者など300人以上の利用が見込まれている。

「モークル」は、天羽小学校・天羽中学校スクールバス運行事業者の羽田空港交通を通して、位置情報システムを組み込んだドライブレコーダーをスクールバスに設置することで、バスの位置情報が確認できるシステム。

使い方は、各路線のLINEのトーク画面で、「今どこ?」をタップすると、地図の上にバスの現在位置と速度、進行方向がすぐにトークで返ってくる。地図のトークをタップすると、バスの現在位置が大きな地図で表示される。

登録は、各路線の専用QRコードをスマホのカメラで読み取るだけで完了。登録人数に制限がなく、誰もが無料で利用できる。

現在、「モークル」は日本国内で、幼稚園の送迎バス、企業の従業員送迎バス、自治体のコミュニティバスなど43台のバスに設置。

4400人以上が利用登録しており、利用者は1日に3回~5回、「今どこ?」をタップして、バスの現在位置を確認している。

幼稚園の送迎バスの場合、幼稚園児の保護者である35歳以上の女性が60%以上を占めている。また、自治体のコミュニティバスでは、10代と50代以上の利用者がそれぞれ20%以上を占めており、幅広い年代で利用されている。

関連URL

「モークル」

恵那バッテリー電装

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス