1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、ミャンマー人向け「日本語レッスンN5コース」4月末開始

2020年4月6日

アテイン、ミャンマー人向け「日本語レッスンN5コース」4月末開始

オンライン日本語サイト「Attain Online Japanese」を運営するアテインは、ミャンマー人向けの「日本語能力試験N5合格日本語レッスン」の提供を4月末から開始する。

このレッスンは、N5合格を目指して、eラーニング教材「Attain Online Japanese」N5コースを利用した上で、オンラインで日本語講師と直接交流し、「日本語レッスン」を受けるという内容で、これから日本語を学習する人、日本語能力試験N5の受験生が受講対象。

日本語能力試験対策用の教材の映像コンテンツN5コースを、1コマ90分(質問30分程度)で区切ってレッスンするが、事前に「Attain Online Japanese」N5コースを学習する。

「日本語レッスン」は、同社のバーチャルクラスのことで、仮想の日本語教室。学習者が1人で映像教材を視聴する従来のeラーニングとは異なり、別の場所にいる他の学習者と、同じ時間にひとつの授業を受講。講師と学習者は双方向でつながり、会話もできる。

学習者は、分からないことを講師に質問し、リアルタイムで疑問を解消できる。他の学習者が疑問に思うことも聞け、1人の学習では気づかなかった課題にも気づくことができる。

また、映像視聴の学習に加え、時々授業に参加することで、メリハリのある学習になる。講師と話をしたり、他の学習者と触れ合うことで、受験までの期間モチベーションを保てる。

具体的な授業内容は、eラーニングの学習内容に関する質問の回答、日本語能力試験の出題の特徴を問題の分野ごとに解説、語彙・表現・文法・読解の練習や解説、講座の内容だけでなく一般的な日本語についての質問にも回答、日本語会話・聴解の練習など。

関連URL

「日本語レッスン」

「Attain Online Japanese」

アテイン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス