1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、「⽇本語能⼒試験合格を⽬指す⽇本語レッスン」11月から提供開始

2020年10月27日

アテイン、「⽇本語能⼒試験合格を⽬指す⽇本語レッスン」11月から提供開始

アテインは、⽇本語能⼒試験の各レベル合格を⽬指す外国⼈⽇本語学習者向けに、オンラインで⽇本語講師と対⾯式レッスンをする「⽇本語能⼒試験N5からN1合格⽇本語レッスン」の提供を、11月から開始する。

同レッスンは、⽇本語能⼒試験のN5~N1レベルの合格を⽬指して、eラーニング教材「Attain Online Japanese」のJLPTコースを利⽤した上で、オンラインで⽇本語講師と直接交流し、⽇本語レッスンを受けるというもの。

具体的には、⽇本語能⼒試験対策⽤の教材の映像コンテンツ各コースを、1コマ90分(質問30分程度)に区切ってレッスンする。

また事前に、eラーニング教材「Attain Online Japanese」のJLPTコースを提供し、学習してもらう。

「⽇本語レッスン」は、同社のバーチャルクラスのことで、仮想の⽇本語教室。学習者が1⼈で映像教材を視聴し学習を進める従来のeラーニングの学習スタイルとは違い、別の場所にいる他の学習者と、同じ時間にひとつの授業を受講する。講師と学習者は、双⽅向でつながり、会話もできる。

こうした「⽇本語レッスン」を利⽤することで、学習者は、「Attain Online Japanese」のJLPTコースで分からないことを講師に質問し、リアルタイムで疑問を解消できる。

他の学習者が疑問に思うことを聞き、1⼈の学習では気づかなかった課題に気づくこともできる。

また、映像視聴の学習に加え、時々授業に参加することで、メリハリのある学習にもなる。さらに、講師との会話や、他の学習者と触れ合うことで、受験までの⻑い期間、モチベーションを保てる。

関連URL

「⽇本語レッスン」

アテイン

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス