1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. Makeblock、教育関係者向け「プログラミング教育オンライン勉強会」23日開催

2020年4月20日

Makeblock、教育関係者向け「プログラミング教育オンライン勉強会」23日開催

Makeblock Japanは、教育関係者向けに立ち上げた新たな支援プログラム「Makeblock STEAM On Board」の第1弾として、プログラミング教育に関するオンライン勉強会を23日18:00~開催する。

教育関係者向けの同プログラムは、各国の教育パートナーと協力し、自治体や教育機関向けにSTEAM教育・プログラミング教育の研修と、製品や教材の提供を行っていくもの。

今回の勉強会では、Makeblock(本社:中国深圳市)が開発した無料ソフトウェア「mBlock」を教材として利用する。

「mBlock」は、MITメディアラボが開発したScratchを基に開発されており、画面上のブロックを組み合わせることでプログラミングを行うため、キーボードの操作が苦手な子どもでも扱いやすい仕様。

ブロックで作成したプログラムを、ワンクリックでテキスト言語PythonやArduinoのコードに切り替えることもできる。また画像認識、音声認識、機械学習などの拡張機能を使って、より発展的なプログラミング学習ができる。

また同社では、プログラミング学習用のソフトウェアを用いた、全16回の教材も無償で順次公開していく予定。

開催概要

開催日時:4月23日(木)18:00~19:00
会場:オンライン(Zoomを使用)
参加費:無料
内容:「Makeblock STEAM On Board」の概要とカリキュラムの説明
定員:100人(先着順)

詳細・申込

関連URL

Makeblock Japan

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス