1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SAS、新型コロナウイルス感染拡大を受け「無料オンライン学習」を提供

2020年4月20日

SAS、新型コロナウイルス感染拡大を受け「無料オンライン学習」を提供

米国SAS Institute Inc.(SAS)は17日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、「Academy for Data Science」、「Learning Subscription」、「カスタマー・インテリジェンス・リソース」など、同社のオンライン学習コンテンツの無償提供を開始したと発表した。

具体的には、無償提供プログラムの一つとして、「SAS Academy for Data Science」を開講。データ・キュレーション、高度なアナリティクス、AI・機械学習の認定資格が得られる、高度なデータサイエンス・トレーニングを提供している。

また、「SAS Learning Subscription」では、Eラーニング、他では見られないコンテンツ、SASエキスパートからの支援、認定資格獲得までの指針などを幅広く提供。

さらに、より専門的な「SAS Customer Intelligence 360 Learning Subscription」では、マルチチャネルのカスタマー・エクスペリエンスの管理に向けて、高度なアナリティクスを使用するための最新スキルを獲得できる。

SASでは、コース修了者全員にデジタル・バッジを提供している。

無償提供では、こうしたアカデミーやラーニング・サブスクリプションに、30日間無料でアクセスできる。大半のコースでは、演習のためにヴァーチャル・ラボにアクセスできる。

また、インストラクターによる指導を希望する学習者のために、全世界に「Live Webクラス」を拡大。ここでは、個別クラスのように、オンライン上でインストラクターとやり取りし、ソフトウェア・ラボで演習できる。

ほかにも、SAS University Edition、SAS Viya for Learners、プログラミング・統計コース、Eラーニング、実践ビデオ・チュートリアル、ウェビナーなど、数多くの無料の教育用・リソースを用意している。

関連URL

日本国内でのトレーニング

オンライン受講できる「LiveWebコース」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス