1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SAS、AI分野へ「3年間で10億ドルの投資」を発表

2019年3月26日

SAS、AI分野へ「3年間で10億ドルの投資」を発表

米国SAS Institute Inc. ( SAS )は、ソフトウェアイノベーション、教育、専門サービスなどを通じて、今後3年間でAI(人工知能)分野に10億ドルを投資すると発表した。

今回の投資は、主に3つの分野にフォーカスして行われる。同社がグローバルなAIへの取組みで継続的に成果を上げている研究開発 (R&D)、AIをよりよく理解し恩恵を受けるための顧客ニーズに対応する教育イニシアチブ、AIプロジェクトに対する顧客の利益を最適化するための専門サービス、の3分野。

研究開発イノベーションでは、ビジネスエキスパートからデータエンジニアやデータ・サイエンティストに至るまで、スキルレベルの異なるユーザーがAIを活用しやすくすることに重点を置き、AIのあらゆる中核分野におけるR&Dイノベーションに投資する。

顧客の教育と能力開発イニシアチブでは、AIのスキル向上のための組織に合わせたカリキュラム、アナリティクスの専門家やデータ・サイエンティストがAIや機械学習での価値の高い資格を得ることができる認定プログラム、AIや機械学習、NLP、コンピューター・ビジョン、最適化、シミュレーションなどデータサイエンス関連のスキル分野の博士号保有者や高度なエキスパートを揃えたセンター・オブ・エクセレンスを提供していく予定。

また、投資の一環として、プロフェッショナルサービス、センター・オブ・エクセレンス、教育、研究開発へのリソースを追加し、AIの専門知識の一層の強化も進めていく。

同社は、1976年の設立のアナリティクスのリーディング・カンパニー。革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、8万3000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしている。

関連URL

SASジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス