1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 大学生ら対象のビジネスデータ分析コンテスト、23日に結果発表

2017年2月9日

大学生ら対象のビジネスデータ分析コンテスト、23日に結果発表

トーマツは、大学生・大学院生を対象に、2016年10月から開始していた「第2回ビジネスデータ分析コンテスト」の結果発表を23日に行う。

同コンテストは、筑波大学・東京大学・産業技術総合研究所が連携するTIAデータ駆動型サービス工学プロジェクトの一環として、コンテストの趣旨に賛同するトーマツ、ウエルシア薬局、SAS Institute Japanが合同で行っている。

初回は筑波大生だけが対象だったが、今回は、筑波大学に加え、東京大学大学院、神戸大学、京都大学の学生有志も含め、約70人が参加。

データサイエンティストの育成を支援するため、学生にビジネスにおけるデータ分析プロジェクトに近い環境や形式を経験してもらうことを目的としている。

参加者は3~4人ごとにチームを構成し、茨城県つくば市内にあるウエルシア薬局のTIA協力店舗に対するデータ駆動型ビジネスプラニングに挑む。そして、参加チームごとにSAS Institute Japanが各種分析ツールをSaaSとして利用可能なクラウド環境を用意し、ウエルシア薬局が提供する大規模POSデータに対して様々な分析を実施する。

また、トーマツでデータ分析コンサルティングサービスの提供に携わっている現役のデータサイエンティストが、参加者たちにアドバイスする。

2017年1月末までに各参加者たちからビジネスプランが提出され、その後、主催者各社で構成される審査委員会での審査を経て、2月23日の授賞式で最終結果を発表する。

関連URL

デロイト トーマツ グループ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス