1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SAS、筑波大のデータ・サイエンティスト育成を支援

2017年3月9日

SAS、筑波大のデータ・サイエンティスト育成を支援

SAS Institute Japan(SAS)は8日、筑波大学におけるデータ・アナリティクス教育の質の向上を目的に、分析ツールおよび分析環境を提供したと発表した。

SASは、アカデミアに対する価値提供の取り組みとして、統計・データサイエンス教育や産学連携教育を支援しており、今回の筑波大への提供もその一環。

筑波大 理工学群 社会工学類 経営工学主専攻では、世界で通用する「数学力×IT力×現場力」を身につけた科学的社会人の育成を目指し、産学連携実習による実務家としてのデータ・サイエンティスト育成を推進している。

この教育趣旨に賛同したSAS、トーマツ Deloitte Analytics、ウエルシア薬局の3社が協力し、学部3年生向けの講義で、実店舗の大規模POSデータおよび分析ツールを活用できる環境を提供した。

同講義で、学生は様々な分析を通して店舗課題を解決するビジネスプランニングに挑む。

このテーマの実践の場として、「第2回ビジネスデータ分析コンテスト」が開催され、2017年1月末日までのエントリー期間に、筑波大に加え、東京大学(工学系)、神戸大学(MBA)、京都大学(MBA)の有志を含む約70人の学生が参加した。

2月23日の授賞式で最終結果が発表され、エントリーした20チームから、6チームがそれぞれ、SAS賞、Deloitte Analytics賞、ウエルシア賞、産総研賞、TIA賞、筑波大学サービス工学ビッグデータCoE賞に選ばれ、その中で、SAS賞、Deloitte Analytics賞、ウエルシア賞を受賞した3チームがプレゼンテーションを行った。

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス