1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「COACHTECH」、プログラマーの育成をサポートする「コーチ」人材を募集

2020年4月21日

「COACHTECH」、プログラマーの育成をサポートする「コーチ」人材を募集

Estraは20日、同社のプログラミングスクール「COACHTECH」で、プログラマーを育成する専属コーチの募集を開始した。

同スクールは、2月1日の開講以降、専属コーチのサポートの質を保つため、毎月10人の生徒限定で運営してきたが、申込みが急増したことから、コーチ人材を募集し、生徒数の枠を増やすことにした。

今回、募集するコーチの具体的な業務内容は、同スクールを受講する生徒の2カ月間の面談。まず、初回面談(1.5h)では、生徒の目標と現状を明確にし、2カ月間の学習計画の作成と1週目の学習計画を作成する。

また、週に1度の面談(1h+前後0.5h)では、生徒に30分のテストを受けさせた後に、学習の質とモチベーションの向上を目的とした、1週間の学習の振り返りと今後の学習計画の再編を行う。

応募要件は、Web系エンジニアとしての実務歴が3年以上で、コーチングに関心がありコーチングスキルを身に付けたい人。Laravel、Vue.js、WordPressを扱った経験があると望ましい。

同スクールは、コーチングを用いた自立的に成長するプログラマーを育成するプログラミングスクール。2カ月間でデザインから、Webサイト制作、Webアプリケーション開発を学ぶことができる。

標準学習期間は2カ月で、受講料(税別)は、一括払いの場合は25万円、分割払いは1万2122円×24回で総計29万928円(年率15%の場合)。

関連URL

「COACHTECH」

estra

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス