1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 脳科学テクノロジーの最先端が分かる「BrainTech Letter」第1月号を無料発行

2020年4月21日

脳科学テクノロジーの最先端が分かる「BrainTech Letter」第1月号を無料発行

neumoは20日、脳科学ビジネス・脳神経科学の最先端が分かるミニレター「BrainTech Letter」の第1号(2020年4月号)を無料発行したと発表した。

第1号の主な内容は、「イーロン・マスクのBMI企業と比肩する企業の技術の進捗が発表」、「脳腸軸を利用するバイオテクノロジー企業が$112M(120億円)を調達」、「ヒトの神経細胞を使って人工知能を作る企業」、「ホワイトノイズを同時に聞くことで音の識別精度が向上する。よりよい蝸牛インプラントの開発につながる可能性」というもの。

近年、ブレインテックが世界中で盛り上がってきており、日本国内でも多くの先進企業が脳科学技術の事業化に取り組んでいる。

ブレインテックビジネスは、金融機関からも注目を集めており、年々投資額が増加。ユニコーン企業(未上場で評価額が10億ドル以上のスタートアップ企業)も複数出現している。

人に対するあらゆるサービスは、最終的には人の脳に働きかけるもの。ブレインテックは脳を対象にした技術で、多くの可能性がある。

具体的には、脳に働きかけることによる働き方改革(生産性向上・ストレス低減・メンタルヘルスの向上・健康経営)、睡眠の質の向上、脳から好みを引き出す(ニューロマーケティングなど)、高齢化社会に向けた認知機能の維持・改善、など。

関連URL

「BrainTech Letter」

neumo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス