1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工業大、学生団体が「STAY HOME for SDGs」を開発

2020年4月30日

金沢工業大、学生団体が「STAY HOME for SDGs」を開発

金沢工業大学の学生団体「SDGs Global Youth Innovators(GYIs)」は28日、休校が続く全国の小中高生を対象に、SDGsに関する学習支援を無償で提供するため、自宅学習教材「STAY HOME for SDGs~おうちで取り組む17日間SDGsチャレンジ~」を開発・公開した。

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、国連加盟193国が達成をめざす持続可能な開発目標のこと。金沢工業大学はSDGsに貢献する教育・研究を進めており、GYIsは、SDGsのゲーミフィケーション教材の展開を中心に、SDGs の普及・啓発活動、SDGsアクション(SDGsの17の目標を意識した活動)に取り組んでいる。

金沢工業大学はGYIsと連携し、小中高生が家にいながら学び続けることができる学習教材として、自宅学習教材「STAY HOME for SDGs~おうちで取り組む17日間SDGsチャレンジ~」を開発した。

本教材はSDGsの17の各ゴールにそった17のチャレンジから構成されており、チャレンジの例としては、「自分たちでできる家事を増やしていこう。お父さんやお母さんと相談して、家事の分担表をつくろう」等のように、小学校低学年から実施できるものも記載されている。「STAY HOME for SDGs」は金沢工業大学 SDGs推進センターのウェブサイトからダウンロード可能で、だれでもチャレンジに参加できる。すべてのチャレンジを実施した小中高生には先着50名に「THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」」(※学生団体GYIsが企業と共同で開発)をプレゼントする。また、全チャレンジ実施を報告してくれた小中高生に、修了証(賞状)をデジタルデータで贈呈する。報告締め切りは5月29日。

本教材は、SDGsには欠かせないシステム思考を学ぶことのできる内容になっている。新型コロナウイルスの影響により、どのような変化が起きているのか、それに対して自分は何ができるのか、世の中の複数の現象の結びつきを行動する中で体感していってもらうことで、変化の大きな時代にすぐに対応できる適応力を向上することができる。

教材の提供を行うだけでなく、GYIsのメンバーの大学院生・大学生が、実際に自宅で各チャレンジを実施した様子を動画で配信していく。ぜひ、多くの小中高生の学びを深めるために役立ててほしいという。

また、公開にあわせて説明会を28日~30日に動画配信で行う。教材のダウンロード、プログラムの詳細については「実施要項」、SDGs推進センターWebサイトから。

関連URL

SDGs推進センター

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス