1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI先生「atama+」、中高生向け英語教材に「単語・読解・音声」を追加

2020年5月25日

AI先生「atama+」、中高生向け英語教材に「単語・読解・音声」を追加

atama plusは、同社のAI先生「atama+」の中高生向け英語教科の内容を拡充し、英文法・語法に加えて、新たに英単語・英文読解・音声にも対応するようにしたと22日に発表した。

「英単語」(中学・高校英語)は、学校の定期テストや大学入学共通テストの対策として追加。生徒はスマホアプリ「atama+HOME」で英単語トレーニングを行い、覚えた単語を「atama+」でテストするサイクルを繰り返すことで、英単語を定着させることができる。

また、英単語テストでは自身で該当する答えを入力し、検索候補の中から正解を選ぶ「検索回答方式」(特許出願中)を採用し、頻出順や生徒一人ひとりの記憶の定着度に合わせた出題で、効率的に語彙力を身に付けられる。

「英文読解」(高校英語)は、英語の長文を読み解く上で土台となる力を付けるための教材として、英文を読む時に注目すべき単語やフレーズを追加。

講義や演習問題を通じて、読解のポイントを理解することで、論理的に英文を読む力が身に付く。また、AIが英文読解の理解度から苦手な英文法単元を分析し、生徒一人ひとりのカリキュラムに反映することで、生徒は苦手を克服しながら総合的に英語力を伸ばせる。

「音声対応」(中学・高校英語)は、出題される例文や英文読解などの教材にネイティブ話者の音声を追加した。

生徒がカリキュラムを進めるごとに、音声スピードが早くなり、最終的には、中学生では高校入試、高校生では共通テストでのリスニング問題と同程度のスピードで読み上げる。結果的に、生徒は負担なく、徐々に英語を聞く耳を養うことができる。

なお、新型コロナウイルスの影響でオンライン授業の需要が増加したことなどから、5月22日時点の「atama+」導入教室は、全国の塾・予備校1800教室以上になった。

関連URL

「atama+」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス