1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 清泉女子大、陸前高田フィールドワークのオンライン連続講義を開始

2020年6月8日

清泉女子大、陸前高田フィールドワークのオンライン連続講義を開始

清泉女子大学地球市民学科は5日、6月から「陸前高田フィールドワーク」の授業で「オンライン連続講義」を行っていると発表した。

同学科の「陸前高田フィールドワーク」では毎年、東日本大震災で被災した陸前高田市を訪れ、フィールドワークを行っている。しかし今年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現地訪問の代わりに「オンライン連続講義」を実施。オンラインでできるさまざまなことに挑戦する「新しい学びのカタチ」プロジェクトとして授業に取り組む。

1日の講義は「観光」をテーマに実施。陸前高田市観光物産協会事務局長の桒久保博夫氏とマルゴト陸前高田理事の古谷恵一氏から、陸前高田の観光の現状や両法人の活動内容、コロナウイルス対応も含めた今後の課題などについて話を聞いた。

受講した学生からは「とても楽しかった。陸前高田に行きたくなった」「実際に現地の方々から話が聞けてとても勉強になった」「とても気さくで優しい人たちだった」「実際に現地で働いている人の話を聞けてすごく良い経験になった」「民泊の映像に登場した宿泊者や地域の人の笑顔が素敵だった」「さまざまな形で復興に向けて歩み出していたのにコロナウイルスの影響で滞ってしまっている現状があることに対して、私達にできるかことは何かを常に考えていかなければと感じた」といった感想が寄せられたという。

学生らは「オンライン連続講義」を毎週受講し、夏休みにはオンラインで陸前高田の震災遺構などを訪ねる「バーチャル・フィールドワーク」を計画。また並行して、東京の大学生に考えて欲しいテーマを陸前高田の関係者らが協議の上、決定。学生らはそのテーマをもとに地域の課題解決に取り組んでいく。テーマの決定後、情報収集と調査分析、企画立案を進め、12月には提言を発表するという。

関連URL

清泉女子大学

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス