1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 北海道情報大、10月10・11日に学祭「蒼天祭」をオンラインで開催

2020年10月2日

北海道情報大、10月10・11日に学祭「蒼天祭」をオンラインで開催

北海道情報大学は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、10月10日、11日に大学祭「蒼天祭」をオンラインで開催する。

当日は各部活やサークル、ゼミ団体の展示をはじめ、バーチャルSNS「Cluster」での学校再現マップの散策やバーチャル・ミスコンなどオンラインならではの企画も予定されている。

同大学では例年、10月上旬に大学祭「蒼天祭」を開催している。So-tenLIVEや大花火、YOSAKOI演舞など、さまざまな企画を行い、多くの地域住民が楽しみに訪れていた。しかし、今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会場での開催を中止。「蒼天祭ONLINE」として特設サイト上での開催を決定した。

バーチャルSNS「cluster」を利用して同大学のキャンパスを再現。蒼天祭の2日間(10時~14時、16時~20時)には「蒼天祭バージョン」として屋台やお祭りの装飾を施し、夜には花火も打ち上げる。さまざまなゼミやサークルがワールドを作成し、当日は各団体の展示をはじめ、模擬広義なども予定。そのほかにも、clusterを利用した女性アバターのバーチャル・ミスコンやバーチャル大喜利大会など、オンラインならではの企画も実施。eスポーツ大会や脱出ゲーム、ビンゴなど、さまざまな催しが企画されている。eスポーツ大会の模様はYouTubeLiveで配信される予定。

さらに「蒼天祭ONLINE」と併せて、地域住民や卒業生に向けたインターネット放送局「蒼天祭ローカル放送局」を開局。「変化する地元江別あるいは札幌圏で、情報大がどう共創・変化していけるのか」をテーマに、2日間で10本以上の番組を公開する。

関連URL

北海道情報大学蒼天祭ONLINE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス