1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N高、オンラインで職業体験 大原美術館で学芸員と「対話型アート鑑賞」実施

2020年6月16日

N高、オンラインで職業体験 大原美術館で学芸員と「対話型アート鑑賞」実施

角川ドワンゴ学園N高校(N高)は、オンライン職業体験の一環として、岡山県倉敷市・大原美術館の協力のもと、「オンライン・アートイベントを開催しよう」を、6月29日~7月11日にかけて実施する。

今回のイベントは、Zoomやslackを使用して、日本を代表する西洋美術館・大原美術館をオンラインでつなぎ、同美術館の学芸員によるファシリテーションで、「対話型アート鑑賞」を行う。

対話型アート鑑賞は、ニューヨーク近代美術館が教育プログラムとして開発した鑑賞法で、作品の作家や時代背景など知識の確認だけではなく、見て感じたことを自由に語り合うことでコミュニケーションを生み、多様性の理解や、想像力・観察力を磨いていく。

また、オンライン職業体験では、参加者同士の交流会や、美術館の役割や機能、西洋美術史を知るワークショップ、そして生徒自身がアートイベントを開催するなど、様々なプログラムを通して学びを深めていく。

開催概要

実施日時:6月29日(月)~7月11日(土)
実施会場:大原美術館(岡山県倉敷市)=オンラインで現地と中継=
スケジュール:
・6月29日(月):開校式
・7月1日(水):プログラムの説明、スタッフの自己紹介、Slack/Zoomに慣れる
・7月3日(金):対話の練習、倉敷/大原美術館について知る、大原美術館学芸員とのティータイム
・7月6日(月):美術館の役割/機能を知る、西洋美術史を知る
・7月8日(水):オンライン対話型アート鑑賞を体験する
・7月10日(金):オンライン対話型アート鑑賞づくり、実際にやってみる
・7月11日(土):2週間の学びを整理する、全体での学びの共有、閉会式

関連URL

N高

大原美術館

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス