1. トップ
  2. 学校・団体
  3. UsideU×東大×パーソルワークスデザイン、アバターを活用した心理相談サービス

2020年6月16日

UsideU×東大×パーソルワークスデザイン、アバターを活用した心理相談サービス

UsideUは15日、東京大学大学院教育学研究科およびパーソルワークスデザインと共同で、TimeRep(タイムレップ)を活用したアバター心理相談サービスの開発を開始すると発表した。

UsideUは、遠隔接客販売ツールのTimeRepを通じ、遠隔でありながらも表情やジェスチャーといった非言語情報の豊富な対話体験を可能にし、対面よりも効果の高い販売・案内・接客の実現を目指している。

このたび同社は、心理相談の利用ハードルを下げ重症化や休職などを防止するため、東京大学およびパーソルワークスデザインと共同で、アバター心理相談の有効性を実証し、TimeRepを活用した心理相談サービスの開発を開始した。

アバターを利用することで、表情や身振りなどの大切な非言語情報を損なわずに、良質な心理相談を提供することができる。また、お互いの顔が直接見えないため、心理相談を利用することの心理的抵抗感を下げることができ、より多くの人が心理相談を受けやすくなると考えている。

サービス開発においては、パーソルワークスデザインを中心にサービス設計を行い、UsideUがアバター通信テクノロジーを開発・提供する。同時に、東京大学・下山研究室監修のもと、相談者の問題に応じて適切なサービスを提供するために問題のアセスメントを行い、適合性の判断や支援の計画を行う相談受付システム、および、一定水準以上のサービス提供を可能とする「相談マニュアル」の開発を行う。

そして、開発されたアバター心理相談の利用促進効果に関する調査や、質問紙とインタビューを使った相談者の満足度・治療効果に関する調査により、臨床的な効果を検証していく。

関連URL

UsideU

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス