1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 島根県、「Ruby biz Grand prix 2020」のビジネス事例の募集を開始

2020年6月17日

島根県、「Ruby biz Grand prix 2020」のビジネス事例の募集を開始

Ruby bizグランプリ実行委員会(事務局:島根県商工労働部産業振興課)は16日、プログ
ラミング言語Rubyを使った「Ruby biz Grand prix 2020」のビジネス事例の募集を開始した。

このグランプリは、Rubyによるビジネス展開の優位性を国内外に広くPRし、Rubyでのビジネスチャンスのさらなる拡大を目指して開催するもの。

募集するビジネス事例は、Rubyを使った自社商品・サービスなどで、Rubyの特徴を活かし新規性、独創性、市場性、将来性に富んだ、今後継続的に発展が期待できる内容。

概ね1年以上ビジネスが継続されている国内外の事例が対象で、主な対象事例はクラウドを利用したSaaS、PaaS、単独パッケージなど。

事業の成長性と持続性、Rubyの関わり方、事業の社会的な影響度(事業の実効性・インパクト)の3点をポイントにして審査が行われる。

募集概要

応募受付:6月15日(月)~9月18日(金)17:00必着
選考:10月下旬
表彰式:12月16日(水)[島根県松江市内]
応募資格:企業、団体及び個人(任意団体を含む)
表彰:
(1)大賞2点程度(表彰状、記念品、副賞100万円)
(2)特別賞3点程度(表彰状、記念品、副賞30万円)

詳細・申込み

関連URL

島根県

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス