1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020」に参加費免除枠を新設

2020年6月26日

「テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020」に参加費免除枠を新設

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは24日、小学5年生~高校3年生(またはこれらに準ずる年齢の子ども)対象のオンライン研修イベント「テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020」を8月14~16日・22~23日に実施するとともに、生活困窮世帯向けの「参加費免除枠(スカラシップ枠)」の募集を開始したと発表した。

同団体では、本部のあるカナダで実施されていた、小中高生のための社会問題×リーダーシップ教育を目的とした「テイク・アクション・キャンプ」を2000年から日本でも開催し、自分・みんな・世界を変える行動を起こす起点として、多くのチェンジメーカーを輩出してきた。

例年、ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みのいずれかの期間中に合宿形式で実施してきたが、今夏は新型コロナウイルス対策としてオンライン形式に変更し、「ソーシャル:社会問題を考える(基本編)」(8月14日~16日)、「チェンジ:社会問題に対するアクションを考える(応用・発展編)」(8月22日~23日)と前後半に分けて実施。

更に、地域創生・災害復興に関する非営利団体や活動への支援を行っている「大東建託グループみらい基金」の協賛・助成を受け、全5日間の参加費用2万3千円(税込)の全額免除と必要機材の無償貸与を行う「スカラシップ枠」を新設・募集。

スカラシップ枠概要

■支援内容:5日間の参加費(2万3千円)を全額免除
(必要に応じてタブレット端末またはPCとモバイルWi-Fiルータを無料貸与)
■募集人数:10人
■募集締切:7月20日(月)(通常枠より2週間ほど早い)
■対象:以下のいずれかに当てはまる小学5年生~高校生(またはこれらに順ずる年齢の子ども)
・生活保護家庭の子ども
・児童扶養手当受給世帯の子ども
・住民税非課税世帯の子ども
・就学援助を受けている世帯の子ども
・児童養護施設・里親などのもとで生活している子ども
・失業や新型コロナウイルスの影響で、昨年の所得または今年の所得が住民税非課税家庭と同レベルに減収した世帯の子ども
・子どもが4人以上いる世帯の子ども
・その他の特別な事情がある子ども(外国にルーツのある子ども、災害等で被災した子どもなど)
■参加条件:
・『自分・みんな・世界をより良く変えていきたい!』という想いがあること。
・5日間全日程に参加できること。
・保護者または養護施設職員・里親の同意があること。

関連URL

テイク・アクション・オンライン・キャンプ2020

スカラシップ枠の詳細

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス