1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 網屋、北海道大学にサイバーセキュリティ研究部門を設置して共同研究を開始

2020年7月2日

網屋、北海道大学にサイバーセキュリティ研究部門を設置して共同研究を開始

網屋は1日、北海道大学と「データ解析AI技術」の共同研究を開始すると発表した。

共同研究を開始するにあたり、産業創出部門(サイバーセキュリティ研究部門)を同社のR&D拠点「さっぽろLABO」として、同大産学・地域協働推進機構に設置する。

同社の「ALogシリーズ」は、様々な情報システムのログを収集し見やすく分かりやすい形で出力し、障害対応や内部不正対策、サイバー攻撃対策など、多様なシーンへログを戦略的に活用できる製品。

近年では、「AIリスクスコアリング機能」が新たに実装され、これまで気付けなかった不正アクセスの兆候を、膨大なログデータの中から自動検知出来るようになった。

今回の共同研究では、AIを使ったパケット(xFlowデータ)解析やログ解析の新たなアプローチを模索することで、この「AIリスクスコアリング機能」の精度と活用範囲の向上を目指す。

また、IoT領域で活用できるインシデント検知デバイスのプロトタイプ開発や、SOC(Security Operation Center)運用を自動化するシステムのプロトタイプ開発も同時に行う。

研究内容の概要

研究実施場所:網屋「さっぽろLABO」(北海道大学FMI国際拠点)
研究内容:
・ヒューマンコンピュータインタラクションの研究成果を生かしたAI技術をベースに、パケット(xFlowデータ)解析やログ解析など、新たなアプローチを研究
・IoT領域で活用できるインシデント検知デバイスのプロトタイプ開発
・SOC(Security Operation Center)運用を自動化するシステムのプロトタイプ開発
詳細

関連URL

網屋

北海道大学

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス