1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スマホ対応型オンライン授業支援ツール「Flying ClassRoom」を無料提供

2020年7月3日

スマホ対応型オンライン授業支援ツール「Flying ClassRoom」を無料提供

kivotoys(キーボトイズ)は2日、懸念される新型コロナ第2波の対策のため、同社のスマホ対応型オンライン授業支援ツール「Flying ClassRoom(フライング クラスルーム)」を、引き続き無償提供すると発表した。

Flying ClassRoomは、従来の授業形態を維持し、オンライン上で教師と生徒の双方向なコミュニケーションを実現する。生徒の教育格差を小さくすることを目的としたオンライン授業サービス。

生徒用のページは、スマホでの対応が基本。教師用ページはPC、タブレット対応。また、テキストをベースとしたコミュニケーションで通信量を抑えており、通信量制限などの心配がない。

生徒の個人情報は一切取得せず、セキュリティ・リスクの心配もない。生徒はログイン、アカウントを作成する必要はなく、教師側から生徒参加用のURLを発行し、それを開くことで、すぐにご利用できる。

30人前後の生徒を想定し、黒板への板書と発言、生徒の回答チェックなどの機能に対応。実際の授業に沿ったコミュニケーションができる。全員回答、挙手による回答、シンプルな選択肢回答、回答のバブルチャート表示にも対応。

利用するには、公式サイトから、通常版またはトライアル版で「Flying ClassRoom」にアクセス。「クラス名」と「教師名」を入力すると、教師用と生徒用のURLが発行される。生徒用のURLをメールなどで生徒に配信し、日時を決めて授業をスタートすることができる。

画面はシンプルで、板書用の黒板欄とコミュニケーション用の会話欄などが用意されている。

同社では、実際に教材を使って、Flying ClassRoomを利用した「模擬授業」を、毎週木曜日17:00から1時間程度(模擬授業30分、質疑応答30分)開催している。定員は毎週10人程度で、参加者は生徒役として参加。質疑応答はzoomで行う。

「模擬授業」申込み

関連URL

「Flying ClassRoom」

kivotoys

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス