1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マクセル、停電時に自動的に源供給ができる「非常用電源」を発売

2020年7月10日

マクセル、停電時に自動的に源供給ができる「非常用電源」を発売

マクセルは9日、災害などによる停電時に自動的にバッテリーから電源供給されるUPS 機能付き非常用電源「Energy Station(エナジーステーション)MES-TG1000」を、25日から業務用ルートなどで発売すると発表した。

「Energy Station」は、急な停電を自動的に検知し、直ちにバッテリー出力へと切り替え、機器への電源供給を継続する製品。

電池容量1000Whと大容量で、例えば平均消費電力150Wの業務用冷蔵庫(インバーター方式)なら約6時間使用できる。

AC出力ソケット2口に加え、USB-A出力端子も2口搭載しており、スマホなども充電できる。

軽量、コンパクトな省スペースデザインで、19インチサーバーラックにも収納でき、電池容量1000Wh、瞬間最大出力600W、定格出力300W。

停電を自動的に検知し、直ちにバッテリー出力に切り替える常時商用電源方式のUPS、使用できる残り時間を表示するバックライト付液晶ディスプレイを搭載。

また、正面と背面の2面にAC出力ソケットを配置し、ケーブルを見せずに配線できる。

関連URL

マクセル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス